Mexico, beautiful and beloved. /素敵なメキシコ

Hello everyone! This is Melisa at Studio Sally. In this first blog post, I wanted to introduce my roots via my photography. I am of Mexican descent; however, I was raised in the American NW since I was six years old. If anyone has lived in more than one country in their life, they may understand this feeling; the feeling that you belong to two places at once. And if you have never experienced this before, let me share with you the rich culture that both Mexico and the Pacific Northwest have to offer and why these places are the places which I call home.

みなさん、こんにちは! スタジオサリーのメリッサです。
この最初のブログ記事では、私の撮影した写真を通して私のルーツを紹介します。私はメキシコで生まれましたが6歳からアメリカ、オレゴン州のポートランドで育ちました。あなたがこれまでに複数の国に住んだことがあれば一度の人生に二つの故郷があるようなこの気持ちを理解できるかもしれません。もしあなたがそのような経験をしたことがないなら、メキシコとポートランドの両方が提供する豊かな文化と、なぜこれらの場所が私の故郷と呼べる場所なのかを是非お話させてください!

スライドショーには JavaScript が必要です。

First to start off, let me introduce my motherland, Mexico. Mexico is rich with bright colors, unique culture, delicious spicy food, warm, friendly people and happy singing Mariachis. As soon as you land in Mexico, you know you are in Mexico. The vibes are filled with street food, buildings covered in orange, yellow, pink, blue and happy people singing and dancing while they enjoy life alongside friends and family. Mexico was populated more than 13,000 years ago by a variety of indigenous civilizations across the country, each with its unique culture and language. Each tribe mostly remained within their own territory. However, it wasn’t until the Spanish conquest in 1591 that drastically changed Mexico into the country it is today. The Spanish brought along with them their religion, culture, language, architecture and art. Since then, you can still see this mixture of European influence along with the remnants of the indigenous people’s culture and language. This rich mix in cultures is what truly makes Mexico so amazing and unique.

はじめに私の母国メキシコです。 メキシコは明るい色、独特の文化、おいしいスパイシーな食べ物、温かくフレンドリーな人々と幸せな歌マリアッチでとても豊かです。 メキシコに着くとすぐに、あなたはメキシコにいることを感じるでしょう。 その雰囲気はストリートフードやオレンジ、黄色、ピンク、青で覆われた建物、友人や家族と一緒に思い出深い時を作りだし人生を楽しむための歌と踊りで満たされています。メキシコは13,000年以上前、全米各地の先住民族の文明によって人口が広がっていて、それぞれ独自の文化と言語を持っていました。 各部族は、ほとんどが自分の領土内にとどまっていた。 しかし、1591年にスペインに征服されてからは、メキシコは今のような国に大きく変化しました。 スペイン人は、自分たちの宗教、文化、言語、建築と芸術を一緒に持ち込みました。 それ以来、残された先住民族の文化・言語と、ヨーロッパの影響が混在しているのが未だに見てとれます。 こうして文化をたくさん混ぜ合わせたことは、メキシコを本当に驚きと独自性のある国にしています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

However, not everything is a bed of roses. Unfortunately, around 42% of Mexico’s population lives below the national poverty line. This means that there are drastic changes in lifestyle between the big cities and the small towns or “pueblos” as they are called in Spanish. Big cities are comparable to Tokyo or Osaka, with tall buildings and big businesses which can be seen for miles. Meanwhile, in “pueblos” you can find mothers begging for money needed to feed their children, kids walking in the streets with ripped clothing and no shoes and families of 6 people all living in a single mud house. However, even as I visit more and more “pueblos” during my trips back home, I was not able to understand how these people were still able to smile and enjoy their life. But in Mexican culture, the most important thing in life is the bond of family. As long as your family is always there, you feel you can overcome any misfortune life may bring. These experiences always leave me appreciating the support of my family making the material things in my possession seem trivial in comparison. Moreover, many of these impoverished people sell beautifully made handicrafts to help them make a living. Each region of Mexico has its own unique style of handicrafts and this makes visiting a new part of Mexico an art and design inspirational journey.

しかしながら、いいことばかりではありません。残念なことに、メキシコの人口の約42%が貧しい生活を強いられています。これは、大都市とスペイン語で「プエブロ」と呼ばれる小さな町との間で大きな格差があることを意味します。大都市は東京や大阪に匹敵し、大企業の高層ビルは数マイル先を見ることができます。一方、「プエブロ」では、子供を養うことができずお金を乞うている母親や、服が破れ靴もなく道を歩く子供や6人で小さい土の家で暮らす家族を見ることができるでしょう。私は以前メキシコに帰った時様々な「プエブロ」を目にすることがありましたが、そこに住む人々が笑顔で人生を楽しんでいるのを見て理解できませんでした。しかし、メキシコの文化では、人生で最も重要なのは家族の絆です。家族がいつもにそこにいる限り、人生がもたらすかもしれない不運を克服できると信じています。それを理解できてからは、物欲より家族がいればほかになにもいらないとわかりました。そしてこの経験はサポートしてくれる家族への感謝をいつも感じさせてくれます。これらの貧困層の人々の多くは生計を立てるために、美しい手工芸品を販売しています。メキシコの各地域には独自のスタイルの手工芸品があり、メキシコの様々な地域を訪れると、新しい芸術とデザインのインスピレーションを得ることができるでしょう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

I hope you enjoyed learning some new things about Mexico’s rich culture through my photos and this blog post. If you ever have the time for a trip outside of Japan, don’t let Mexico be out of your list of places to visit! For my next blog, please look forward to learning about my second home, the Pacific Northwest, located in the city of Portland, Oregon state. See you next time!

私はこのブログの写真と投稿を読んでくれた方に、メキシコの文化についての新しい発見があればうれしいです。もしあなたが海外旅行をする際はメキシコを行先のリストに是非入れてくださいね!次のブログでは、私の第2の故郷、オレゴン州のポートランド市について書くので楽しみにしていてください。最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

  1. 2018 Fiesta Mexicana in Odaiba, Tok…

  2. メキシコの大衆食堂 !?『たま食堂』のペドロとアイメとの交流! Tam…

  3. 海外営業用のポートフォリオ制作

  4. 最近制作しているあれこれについて / Recent Works in …

  5. メキシコの新しいスタッフについて! / Nueva Colaborad…

  6. PORTLAND on my mind. / 私の心にポートランド。

  7. 制作物の公開と取材と撮影について

  8. 誕生『ちりぺぱ』と『ぺにょ』/The birth of “…

コメント

    • Akemi
    • 2018年 7月 23日

    日本は個人を優先するばかりで家族という支えを疎かにしています。
    これを読んで、とても大切な事に気付かされました。
    ありがとうメリちゃん✨

    • studiosally000
    • 2018年 7月 26日

    素敵なコメントありがとうございました!ブログを読んでくれてとても嬉しいです。次のブログも楽しみにしてください!by Melisa

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP