美術館のアップデート/EPSON teamLab Borderless

 世界初のデジタルアートミュージアムへ

こんにちは宇都宮です。

先日、お台場で行われているチームラボの展示会『エプソン チームラボ ボーダレス』に行きました。

とても素晴らしい展示会だったので、感想を短く記します。押忍。

まず展示会の概要は内容については下記から💁‍♂️

At the World’s First Digital Art Museum

Hello, this is Ryo Utsunomiya.I recently went to the TeamLab exhibition “Epson Team Lab Borderless” that is currently taking place in Odaiba. It was a very wonderful exhibition, so I decided to write down my impressions about this event in this blog briefly. First of all, the outline of the exhibition can be seen in this Youtube video below. Please take a look to get an impression of what it’s all about.💁‍♂️

 

この『エプソン チームラボ ボーダレス』はよくある額装し鑑賞場所も限定された絵画の美術展とは違い

プログラミングされた光が縦横無尽に動き、会場全体をキャンバスとして使用しています。

それによって映画『マトリックス』の仮想現実のような”擬似世界”と”リアルな世界”の中間のような空間がつくりだされ、

来場者を飽きることなく楽しませます。また同時に最高の撮影場所も提供してくれます。

This “Epson TeamLab Borderless” event is different from typical art exhibitions featuring paintings in a common framework style under a limited viewing space. The programmed projection mapping and lights move vertically and sideways and in all directions, using the whole venue as a canvas. This creates a space between the “pseudo world” and the “real world” like the virtual reality created within the movie “The Matrix”. Visitors can enjoy this exhibition without getting bored quickly. It also proves to be a great photoshooting location at the same time.

 

 強力な『動き』と『光』というアイテム

僕は光を全身に浴びる空間の中で非日常を体験でき面白かったというのはもちろんですが、

デジタル信号が動かす光によってこんなにも人を誘導したり感動させることができるということを

体感できたことは衝撃的でした。

デジタル信号が操る『光』とその『動き』が構成するこの『エプソン チームラボ ボーダレス』は

いわゆる今までの主に『油絵の具』で構成された美術館を現代版に大幅にアップデードしたような展示会で、

現代人にとっては『アート』をより身近に感じることのできるものだと思います。

僕もこんなに面白いものを作れるよに頑張ろうと改めて思いました。

年齢問わず楽しめるのでまだ行ったことのない方は是非、行ってみてください。

詳しくは下記からどうぞ。

Strong “movement” and “light” arrangements used to create a surreal world

It was interesting to experience an unusual circumstance where the space I was standing in, exposed light throughout my whole body. Lights that are simply moved and coordinated by digital signals left all of this event’s audience bewildered at both its simplicity and complexity. What I felt too, was shocking and exhilarating.

“Epson TeamLab Borderless” was composed of “light” and “movement” that digital signals are able to manipulate. This exhibition is an example of current art events that have largely upgraded in comparison to contemporary museums mainly composed of “oil paintings”. For more modern people I think that this new kind of  “art” can something that they can be much more familiar with. I was also inspired and thought about the idea of creating something as interesting and interactive as TeamLab was able to accomplish during this event.

Anyone can enjoy this event regardless of age, so please go check it out by all means if you have not done so yet. It is a highly recommended art event here in Tokyo, Japan. For more details, please click here.

 

関連記事

  1. カップヌードルミュージアムと我々/ Cup Noodle Museum…

  2. メキシコの新しいスタッフについて! / Nueva Colaborad…

  3. PORTLAND on my mind. / 私の心にポートランド。

  4. 2018 Fiesta Mexicana in Odaiba, Tok…

  5. メキシコの大衆食堂 !?『たま食堂』のペドロとアイメとの交流! Tam…

  6. 最近制作しているあれこれについて / Recent Works in …

  7. 大塚国際美術館へ行きました! /Visit to Otsuka Art…

  8. 誕生『ちりぺぱ』と『ぺにょ』/The birth of “…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP