Naoshima: The Art Island / アートアイランド直島

スライドショーには JavaScript が必要です。

Hello again! This is Melisa from Studio Sally. Today I wanted to talk about our trip to one of the most interesting islands in all of Japan: Naoshima. Naoshima is one of the largest islands located north of Takamatsu in Kagawa Prefecture and can be easily accessed via a 50-minute ferry ride. This island makes up part of the 12 islands located in the Seto Inland Island Sea or Setouchi in Japanese, lies between three of the four main islands of Japan (Honshu, Shikoku, and Kyushu). This area is now internationally known as one of the largest spots to see and become a part of the experience of contemporary art. The combination of beautiful and tranquil beaches, glorious forest-filled hills and delicious cafes, we would have never thought of making this one of our must-see art-inspiration spots. If possible, we highly recommend renting a bike once arriving to get the most of this unique and art-filled experience.
Check out Setouchi Official website for more details about Naoshima and other art islands.

こんにちは!STUDIO SALLYのメリッサです。
今日は香川県の直島についてお話ししたいと思います。
直島は香川県の高松の北に位置する最大の島の1つでフェリーで50分で簡単にアクセスできます。
この島は、日本の本州、四国、九州の3つの島の間にあり、瀬戸内海、または瀬戸内に位置する12の島の一部です
このエリアは現在、現代美術を体験するための有名な観光スポットです
美しく穏やかなビーチ、壮大な森の中の丘やおいしいカフェなどの要素からこの魅力的なアートインスピレーションスポットは成り立っています。
可能であれば自転車をレンタルして、このユニークで芸術的な体験を最大限に満喫することを強くおすすめします。
直島やその他の芸術の島々の詳細については、瀬戸内公式サイトをご覧ください。

DSCF2201

Naoshima is separated into three different areas: Miyanoura, Honmura and Museum Area. The Miyanoura area is the first section you see as you arrive from the ferry station. This area contains some galleries such as the Miyanoura Gallery 6, outdoor works such as the famous “Red Pumpkin” by Yayoi Kusama and my all-time favorite, Naoshima Japanese-style sento bathhouse, “I Love Yu” created by the renowned Shinro Ohtake. This bathhouse creates a unique fusion between 60’s and 70’s style Japan and modern contemporary style decorations reflects Ohtake’s artistic mind. This sento includes walls displaying 1970’s Japan photos, interesting mosaics of erotic Edo era paintings and a huge elephant in the middle of the room (literally). This bathhouse was created with the idea of making a relaxing environment where international and Japanese tourists can come together after a long day on the island. If you aren’t too shy to get naked in front of strangers, then this is a highly recommended stop.Below is the link to the Official Naoshima Island website.

直島は宮良野、本村、博物館の3つのエリアに分かれています。フェリーの到着地点からは宮之浦エリアが見えます。ここには宮内浦ギャラリー6、草間彌生の「レッドパンプキン」、私の大好きな直島の日本風の銭湯、有名な大竹伸朗氏が作った「I ♡ 湯」があります。
60年代から70年代の日本独特の融合を生み出すこの浴室は、大竹の芸術的思考を反映した現代的なコンテンポラリースタイルのモダンな装飾が施されています。
1970年代の日本写真、江戸時代の春画チックなおもしろいモザイク、そして浴室の境界には大きなゾウの乗った壁があります。
この空間は島で長い一日を過ごした後、国際的な観光客と日本人の観光客が集まるリラックスした環境を作りたいという考えで作られました。
あなたが見知らぬ人の目の前で裸になることに抵抗のない場合、これは非常にお勧めのスポットです。以下は、直島公式サイトへのリンクです。

The next area is the Honmura area where the Tadao Ando Museum and the Art House Project are located. The Art House Project is Ando’s collaboration with various artist to create the unique and magnificent house galleries. This art project consists of the renovation of seven Japanese-style houses, each with their own particular beauty and history. The houses reside in residential areas populated by Naoshima residents and each house has been turned into a work of art itself. My favorite house was the “Minamidera” featuring the work between Ando and James Turrell’s creation called “Backside of the Moon”. From the title you might guess what this experience is all about, but I won’t spoil it for you because it is something you need to “see with your own eyes”.

次のエリアは安藤忠雄美術館とアートハウスプロジェクトがある本村地区です。
アートハウスプロジェクトとは、安藤氏が様々なアーティストと協力してユニークで荘厳なハウスギャラリーをつくるプロジェクトです。
この芸術プロジェクトは、それぞれ独自の美しさと歴史を持つ7つの和室の改装で構成されています。
直島の住民が住む住宅地の各家が芸術作品に変身しています。私の好きな家は安藤氏とJames Turrellの作品”Backside of the Moon”の作品を特集した”Minamidera”でした。
タイトルからこの経験が何であるかを推測するかもしれませんが、これはぜひみなさんに見ていただきたいので言及はしません。

スライドショーには JavaScript が必要です。

The final area is the Museum area containing three different art museums: Chichu Art Museum, Lee Ufan Museum and Benesse House. The Chichu Art Museum contains artwork by artists such as Claude Monet, James Turrell and Walter de Maria housed in a building designed by Tadao Ando. Most of the building is housed underground within the hilltops of Naoshima. However, despite its design the museum has an abundance of natural light which effects the appearance and ambience of the space and artworks on display based on the time of day and season.

The Lee Ufan Museum was created as a result of the collaboration between Tadao Ando and the internationally acclaimed artist, Lee Ufan. The semi-underground building contains a variety of paintings and sculptures by Ufan creating a unique harmony between nature, art and architecture.

The last museum, the Benesse House Museum, is one of the first museums to integrate a hotel in the same building. The museum is made up of four buildings scattered across the shoreline of Naoshima. This facility was created with the concept of “coexistence of nature, art and architecture” designed by Tadao Ando. Inside the museum are works done by Jean-Michel Basquiat, Andy Warhol, Shinro Ohtake and Hiroshi Sugimoto. There are also a variety of outdoor works on display created in unison with their natural environment formulating an even more dynamic experience.

最後のエリアは3つの異なる美術館、すなわち地中美術館、李禹煥美術館、ベネッセ・ハウスを含む美術館です。
地中美術館には、安藤忠雄氏がデザインした建物内にあるクロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアなどのアーティストの作品が展示されています。
直島の丘の中には、建物のほとんどが地下に収容されています。しかし、そのデザインにもかかわらず、博物館には豊かな自然光があり、
時間帯と季節に基づいて展示される空間や作品の外観や雰囲気に影響を与えます。

李禹煥美術館は、安藤忠雄と国際的に著名な芸術家、リー・ウファンの協力の結果として作られました。半地下の建物には、自然、芸術、建築とのユニークな調和を生み出すウファンの様々な絵画や彫刻があります。

最後の博物館であるベネッセ・ハウスは、同じ建物内のホテルを統合する最初の博物館の1つです。
直島の海岸線には4つの建物が点在しています。この施設は、安藤忠雄氏がデザインした「自然・芸術・建築の共存」というコンセプトで作られたものです。
博物館の中には、ジャン=ミシェル・バスキア、アンディ・ウォーホル、大竹伸朗、杉本博の作品があります。
自然環境と調和して作り出された様々なアウトドア作品も展示されており、よりダイナミックな体験を体現しています。

DSCF2125

All museums are accessible via city bus and shuttle bus which takes you to each of the three museums along the island. Even if you decided to bike around the island (which we decided to do), you are not allowed to enter the road leading towards the Lee Ufan and Benesse House Museums. Instead, you need to take the shuttle bus from the Chichu Museum Ticket House to the other two museums otherwise you are forced to walk around 15-30 minutes by foot.

The entirety of Naoshima cannot be enjoyed in a single day (especially because the last ferry stops running around 5pm on weekdays and 7pm on weekends). We highly recommend you stay at one of the many Naoshima guesthouses, Airbnbs or at the Benesse House Hotel to get the best of this unique island. Moreover, a variety of delicious local cafes are located within each section of the island and should definitely be one of your pit stops in between areas. Visiting Naoshima in Kagawa Prefecture was an experience we will never forget and hope to come back to see more of what the rest of the Setouchi Art Islands have to offer.

すべての博物館に市内バスとシャトルバスがあり、島に沿って3つの博物館のそれぞれに行くことができます。
島の周りを自転車で走る際、リー・ウファンとベネッセ・ハウス博物館に向かう道に入ることは許されません。
また、地中美術館から他の2つの博物館まではシャトルバスを利用する必要があります。そうしないと、徒歩で15-30分ほど歩くことになります。
直島全体を楽しむには1日では足りません(特に、平日の午後5時、週末の午後7時の間に最後のフェリーが止まるためです)。
このユニークな島を最大限に生かすためには直島に多くあるゲストハウス、エアブンズ、またはベネッセハウスホテルのいずれかに滞在することを強くお勧めします。
さらに、様々なおいしい地元のカフェが島の各区域内にあり、間違いなく区域の間のあなたのピットストップの1つになるはずです。
香川県直島を訪れることは決して忘れることのできない経験でしたが、アート・アイランドの魅力はまだまだ知り尽くせていません。

img_4916

Thanks for reading! I hope you have been inspired to make the stop to this wonderful (less well-known) sightseeing spot to Naoshima. It was filled with invigorating art and exquisite natural beauty. Until next time!

ここまで読んでくださってありがとうございます!
観光地としてはあまり知られていないこの島に関心を持っていただけるようなインスピレーションを与えられたことを願っています。
直島は爽快な芸術と絶妙な自然の美しさで溢れていました。それではまた次回!

関連記事

  1. 大塚国際美術館へ行きました! /Visit to Otsuka Art…

  2. WEBサイトのリニューアルとこれからについて / Website ha…

  3. Mexico, beautiful and beloved. /素敵な…

  4. メキシコの新しいスタッフについて! / Nueva Colaborad…

  5. メキシコの大衆食堂 !?『たま食堂』のペドロとアイメとの交流! Tam…

  6. 最近制作しているあれこれについて / Recent Works in …

  7. ロゴマークを制作しました!/New Logo Created!

  8. 誕生『ちりぺぱ』と『ぺにょ』/The birth of “…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP